So-net無料ブログ作成

NSR250Rのエンジンチューニング  PART2 その1

久しぶりの書き込みです。
ここのところ[雨]雨で予定の作業ができず、ちょっと焦っているところです。
先日ロードライダー様の取材があり、途中まで組んだMC16Eを少しバラしましたので急ぎ組まないといけません。
エンジンの特性をRRに連絡するために急ぎ載せ換えて慣らしをして、試乗とパワーチェックをしないといけないのですが・・・スケジュールがギリギリになってきました。14日が締め切りです。

さて、今回はチャンバーも交換です。
ドッグファイトレーシングさんの新品を使います。
前回もDFRでしたが元々車両に付いていた旧型で、ストレートフランジでしたので段差修正の為にシリンダー側ポートを拡大して合わせていたのです。
急に広がってストレートになるのでちょっとスムーズではなく気になっていた部分です。
今の(だいぶ以前からですが)DFRのフランジは楕円から円になるテーパー形状なので理想的なポート形状が作れます(大多数のチャンバーメーカーがストレートタイプのフランジですので助かります)。
そのままでは鋳肌の状態で段差もありますのでシリンダー側に合わせて削る必要があります。
*取説にも削った方がパワー感が良いと書いてあります。
IMG_5561.JPG

今回はシリンダー側も少し修正してスムーズに流れるようにしました。
継ぎ目もほとんどわかりません。
IMG_5560.JPG

ついでにチャンバー本体の溶接跡の小さな盛り上がりも削っておきます。
IMG_5562.JPG

さて、エンジンは組み上がりましたがどんな結果になるでしょうか?
IMG_5563.JPG

IMG_5565.JPG

今回のキャブはMC28用のTB10を使用します。
IMG_5564.JPG
これの方がTAシリーズより効率がいい気がします。

エンジンの詳細は今月末発売のロードライダー NSR特集にて
どんな記事のなるのか皆目わかりませんが・・・ボルテックスチューンの最新バージョンです。

それとドッグファイトレーシング製品のお取扱い致します。
もちろんフランジの削り合わせも承ります。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る