So-net無料ブログ作成

NSR250Rのエンジンチューニング 番外編6

先日、予定通りパワーチェックをしてきました。

いつもの所でいつもの人に。

結果はまた少し良くなりました。
試乗した時の印象とほぼリンクするので、このエンジンではそろそろセッティングでのパワーアップは限界のようです。
夏セッティングなのでMJは絞り気味。冬ならもっとパワー感がでると思います。
それでも数万キロ走行のエンジンがベースなので、他のNSRもO/Hなしでここまでは出るようになります。
NSRオーナーの方はもちろん他の2スト車にも当然施工できますので興味のある方は下記に連絡ください。
zzzxxxccc@yc4.so-net.ne.jp
試乗もOKです。

グラフはこちら・・・と言いたいですが公開は少し先になります。
確定ではないですが、ロードライダーさんが2ストの別冊をまた出すらしいのでそちらを見て頂ければと思います。

さて、ノーマルベースのボルテックスチューン。
クランクシール抜けなどいろいろありましたが、約1年セッティングをしてきました。
かなりのデータ収集もできました。
次に組み立てるMC16Eエンジンはクランクケースに対策したチューニング仕様になります。
ボトルネックと考えている物を改善してパワーアップするでしょうか?


今月末(2日後)発売のロードライダー11月号 2スト特集に以前カスタムしたNS400Rが掲載されます(たぶん)。
contents_600.jpg
是非ご購入下さい。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

次回のカスタムの予告

近いうちに次のカスタムを作りまじめますが、その前に・・・

通常カスタムをする際、現在乗っている(持っている)バイクをベースにして、それにボルトオンで着けられるパーツをセレクトして作り上げていくと思います。
結果的に使っているパーツが違うだけで同じような仕様の物が出来上がる。
代表的なZ系・ゼファー系・900Rニンジャ・カタナ・CB-Fなどは基本スタイルを崩せないので当然似たり寄ったり・・・整備、レストアなどと合わせて百万~数百万の費用をかけて同じ様な物が出来上がる。
それはそれでカッコいいし完成された物が出来て、所有欲を満足させる物ができるでしょう。

しかし、それでは満足できない人もいます。
費用もそんなに掛かる???と思う人もいます。
そんなに馬力要る???100%使い切れる馬力の方が面白いと思う人もいます。
大排気量なんて重くない???軽い方がいいと思う人もいます。

そう・・・そんな人(じゃないかもしれないですが)からの依頼でまた始めます。
二度と作らいないと思っていた”モノ”
NZ250S の カスタム 2号機

ボルトオンパーツは皆無。
お世辞にもカッコいいとは言えないスタイル。
素晴らしいのはエンジンくらい・・・

そんなバイクのカスタム方法は今の主流のカスタム方法とは違います。

まずはこんな感じにしたいという超簡単なイメージ図を描きます。
IMG_5093.JPG
この辺は元工業デザイナー(自動車~高速船などをしていた)なので得意なのです。
普通のカスタム屋さんはメカニック(整備士)がベースになるので部品交換が主になりがちで、スタイルを大きく変える事は稀です。それもあって手法が違うのかもしれないですが・・・

次にそのイメージに合うパーツを探したり作ったりします。
当然そのまま着くパーツはないので何とかして着ける事になりるのですが、あくまでイメージ(スタイリング)が先行なのです。
着くけどイメージに合わない物は使わない。
逆に着かないけどイメージに合う物は無理やりにでも着ける。

そんな事を繰り返して完成を目指していきますが今後その手法も紹介できればと思っています。

では、近いうちは開始します。

しかし、雨続きでヨンガンがまだ終わってない・・・





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク
メッセージを送る