So-net無料ブログ作成

NZ250 その18

今回は・・・組み上げしているといろいろな事が起こりまして、平行して作業途中なので、終わった作業のみです。

まずは、マフラーです。外してた時に小さなカラカラ音がして気になっていたのでサイレンサーをバラシて確認することにしました。
しかし・・・リベットを取ってもシール剤(というか接着剤に近い物)が使ってあり外れない・・・マジか?後の事を全く考えていない・・・さてどうしたものか・・・
方法は物理的にシール剤を取るしかないのでいろいろな工具で掻き出してみますが深くは取れない。
仕方なく細いカッターを入れて切っていきます。
カチコチで”これなんだ?”というところもありましたが削るようにして取っていきます。
何本も刃を折った末にようやく2/3位の深さまで到達。
これ以上は取れないのであとは工具とハンマーで力技です。

数時間の格闘の末、やっと外れました。
IMG_5736.JPG
案の定グラスウールは1/3くらい無くなっていました。

あとはグラスウールを変えて組むだけです。
IMG_5737.JPG
予定外の作業だったのでグラスウールは近くで手に入る物を使用します。

IMG_5738.JPG

リベットで留めて耐熱シール剤を軽く塗って終了です。
IMG_5740.JPG


次にリアのブレーキリザーバータンクの取付です。
リザーバータンクは新品を調達したのですが、ようやく入荷しました。
まずはいつものブラケット作りです。
IMG_5733.JPG

IMG_5734.JPG

取付て終了。
IMG_5735.JPG

あとはエア抜きです。

NZ250 その17

前回のつづきです。

ある程度配線をまとめておき、
IMG_5721.JPG

メーターの配線を考えていきます。
メインハーネス側の配線を確認して、メーター側の配線に合わせていきます。
フレームの外側で仮接続して確認しながら配線していきます。
IMG_5726.JPG

起動は確認。あとは始動してからです。
IMG_5728.JPG

ここで、右スイッチの仕様変更や注文中の部品が連休を挟んだ為にまだ届いていないので配線は一時中断。ほかにも色々変更や追加があって今日も部注を追加したので届くのは数日後です。

IMG_5722.JPG
他にも組み付け中にでた不具合や問題の修正、取り回しのやり直しなどをしています。

なかなか始動まで行けません。
フルカスタムの大変なところです。ただ交換するだけのカスタムとは全然違います。

NZ250 その16

今回から電装です。

まずはバッテリーケース兼ブラケットを作ります。
IMG_5711.JPG

これにレクチ/レギュレーターを付けます。
IMG_5712.JPG

内側にはゴムを張っておきます。
IMG_5714.JPG

次にオーナー支給のETCの取付です。
IMG_5718.JPG

が、取付場所が・・・・
本当は隠しておきたい所ですが、全くスペースがないので致し方なくこれもバッテリーケースにブラケットを付けて取りつけます。
IMG_5719.JPG

各電装部品の位置を決めたので、取付て配線をしていきます。
IMG_5720.JPG
こんな小さなバイクでもかなり配線があります。

続く・・・

NZ250 その15

今回は塗装です。

まずはタンクの下準備です。
全剥離をするか悩んだのですが、時間と手間が掛かるので今回はグラフィックを剥がす方法にします。
とは言ってもステッカーの上からクリアーが塗ってあるので先ずはクリアーを削り取ります。
クリアーが剥れてステッカーが出てきたら、温めながら剥がしていきます。
ステッカーも古いので途中ブチブチ切れますがめげずに剥がします。
そして残った粘着剤を溶剤で溶かしながら取っていきます。
さらにステッカーを取った部分に段があるのでやすり掛けしてならします。
IMG_5710.JPG
サーフェーサーの食い付きを良くする為、他のパーツも含め全体的にやすり掛けします。

サーフェーサーを塗装して乾燥。
IMG_5713.JPG

キズや段差などを削り、またサーフェーサーを塗装、これを繰り返して修正していきます。

準備ができましたらようやく塗装です。

今回のオーダーはマット調、カラーは・・・ちょっと難しい色合いです。
薄いと白にしか見えないし、ちょっと濃いとサーフェーサーと同じような色になってしまいます。
さらにフレームのカラーに合うように微調整して1度目の塗装。
しかし・・・思いのほか白い・・・調色時より白が強くでてます。
再度調色し直して塗装。
日差しが強いせいかやはり肉眼では白っぽく見えましたが、白い物と比較してみると予定の色が出ているようです(写真でわかるでしょうか?)。
IMG_5724.JPG


マット調の為、クリアーは塗らないので数回塗り重ねます。
IMG_5725.JPG

数日掛かりましたが塗装完了です。

NZ250 その14

今回は電装系・・・と思っていたのですが、乾燥に時間が掛かる塗装を先にすることにします。

とは言っても直ぐに塗装はできません。
まずはカウル類が確実に取付できるようにステー類を制作していきます。

が、ここは一気にご紹介です。
IMG_5709.JPG
バイザーステーです。取り付け易いようにブラインドナットを付けておきます。

IMG_5708.JPG
タンク取付部もアルミで作り直します。

IMG_5707.JPG
これは・・・なんでしょうか・・・実はシートカウルの取付金具(引っ掛け)です。

IMG_5706.JPG
これはシート下のパネルです。シート用のゴムを付けてありますが、この上に電装部品を付ける予定です。

IMG_5705.JPG
これはシートカウルの取付です。これにもブラインドナットを付けています。

付けるとこんな感じです。
IMG_5704.JPG
ここまで計測やら仮合わせ等いろいろで結構時間が掛かっているので、見えない部分は幅を合わせるなどの余計な細工は一切なしです。

つぎにこんな物を作ります。
IMG_5703.JPG

なぜかあったナンバーブラケットを使います。
IMG_5701.JPG

取付けるとこんな感じです。
IMG_5698.JPG

さらにこのパネルを付けられるようにブラケットをつくります。
IMG_5700.JPG

仮付けするとこんな感じです。
IMG_5699.JPG

あとは塗装するパーツの準備です。
IMG_5697.JPG
以前載せた最初のイメージ画に結構近い気がします。

今回のNZカスタムの特徴は高額なアルミ削り出しパーツなどは一切使用していない事です。
費用の抑制が目的ですが軽量化にも効果的です。
手近な素材から製作しているので器用な方なら作れます。参考になれば。



NZ250 その13

さて、今回はオイルクーラーです。

オーナーは趣味でサーキットを走る事もありますので、真夏のサーキットでも大丈夫なように大きめのコアを用意しました。しかもリーズナブルな物。

ただ、ブラケット等はないので車体に合わせて作ります。

そこでこんな物を作ります。
IMG_5685.JPG
予想より幅があるコアだったので都合の良い素材が手元なくて仕方なく3ピースに・・・


次に取付用のロングボルトですが・・・首下140㎜・・・近所では入手が難しそう・・・
行きつけのボルト屋さんは東京なので、なにかついでがないと行けない・・・
ネットで4本だけ注文するのもちょっと・・・

なんとかできなかなぁ~と考えていたら、ふと建築用の寸切りボルトを思い出した。
しかも近所のスーパービバホにステンの6㎜があった。
これをブツブツ切れば出来るじゃん。

そしてできたのがこれ
IMG_5687.JPG

取り付けるとこんな感じです。
IMG_5688.JPG
いたって普通です。

ホースフィッティングをして取付完了です。
IMG_5691.JPG

IMG_5689.JPG

ちょっとデカいかなぁ~ ラジエーターなみ?の大きさ。
しかし、油冷はヘッドを冷やすのみでシリンダーは空冷ですし、ヘッドは冷えた方がいいので大丈夫でしょう。R750や1100も相当デカいオイルクーラー付いてるし。
あとミッション等懸念されるところは最近採用しているエンジンオイルでオールシーズンなんとかできるでしょう。

次にどうしようかと思っていたフロントブレーキです。
どうしても合うローターが見つからなかったので、今回はグースのローターを着けました。
IMG_5684.JPG
で、キャリパーですが計測した結果の通り・・・入りません。

計算通り2mmオーバーです。
仕方ないので今回はキャリパー側を削って合わせます。
1.3mmが限界で(2mmは削れなかったので)少しセンターからズレましたが問題ない範囲です。
IMG_5692.JPG

キャリパーは後ほど一度外して洗浄してから取付ます。
付いていたホースは長すぎであまりキレイではないので交換予定。
マスターシリンダーはまだ決まっていません。
フロントバイザーを着けてクリアランスを確認してから考えます。




NZ250 その12

こまごまのつづきです。

エキパイの曲がり修正の溶接ができていたのでマフラーを付けてステーを作ります。
IMG_5678.JPG

ステップは1号の前期につけていた物を使います。
IMG_5680.JPG
NZ用のバックステップというのはないので流用できそうな物を加工して作った物です。
当時結構苦労した記憶があります。

因みに左側はこんな感じです。
IMG_5683.JPG

さて、ステーですがまずは計測してこんな物を作りました。
IMG_5666.JPG

しかし・・・仮付けしてみると・・・・ちょっと短い・・・あれ~??失敗 こんな筈はない・・・なんてね・・・まぁよくあるとこです。
現物合わせの難しいところです。
まぁこれでズレてる量や角度などがわかりましたので修正して2枚目を製作。
IMG_5676.JPG

今度はバッチリです。
IMG_5681.JPG

クリアランスも完璧です。
IMG_5682.JPG

ガルアームが見事にマフラーをかわしています。全部流用品ですが専用品みたいです。
マフラーはもちろん他車種の流用ですが、どんなものでも着くという訳ではなく、加工しても着くかどうかわからい物なので、新品はもちろん高額な中古品などで冒険はできません。
今回は割とリーズナブルに上手くいったと思います。

次はメーターです。

今回使うのはこちら
IMG_5657.JPG
エンデュランスさんのネオスペック マルチメーター 

小型で(小型車には取り付けやすい)多機能(必要以上の機能がついています)でリーズナブル(同様の機能のデジタルマルチメーターと比べ)です。

で、付属しているステーはこんな感じの物です。
IMG_5671.JPG

どうやって取り付けようか考えること数日(メーターが入荷してから最近まで)・・・
結局一番簡単に着きそうで、バイザーも低くできそうな案を採用です。

まずはアルミパネルを用意します。
IMG_5658.JPG

次にカットして削ってこんな物を作ります。
IMG_5672.JPG
PC制御のレーザーカッターがあれば簡単に作れるのですが、そんな高価な代物は持っていないし、外注に出すほどの物でもないので、いつもの手作業で制作です。

これに付属のステーを上下逆に付けて
IMG_5673.JPG

メーターを取付て
IMG_5674.JPG

取付
IMG_5675.JPG

いつのまにかライトも付いています。

NZ250 その11

少し時間が空きましたが今回は細々した作業です。

まずはこんな物をアルミパネルから作ります。
IMG_5647.JPG
これがハンドルストッパーになります。

取付するとこんな感じです。
IMG_5648.JPG
強度は普通に使う分には十分です。

書くとあっという間にできるように思いますが・・・こんな物でも現物合わせで作り込み何度もフィッティング&調整が必要で結構時間が掛かります。このような作業がずーと続きます。積み重りなかなか進まない時期に突入です(ブログももちろん進まないです)。

次は5㎜厚のアルミバーからこんな物を作ります。
IMG_5664.JPG
これはリアキャリパーのトルクロッドとして使います。
これも仮組した際、少し長かったので修正して短くしました。

キャリパーをグース用にしたので前のサポートと交換して組み付けます。
IMG_5665.JPG
ホースは丁度良い長さのメッシュホースがあったのでそのまま付けました。

つづく・・・

NZ250 その10

今回はFRPバイザーの続きです。
実は数日たったので、まずは型から外します。

水溶性の剥離剤なので水を流しながら、傷つけないように剥がしていきます。
IMG_5649.JPG

次に余分な箇所をカット
IMG_5650.JPG
これが・・・FRPの粉が出るのでマスクをして作業するのですが、顔や腕など皮膚が出ているところがかゆくなるのです。
特に夏はもう汗だくなので・・・かゆいかゆい・・・作業終了までは我慢です。

次に耐水ペーパーで角を中心的に形を整えていきます。
IMG_5652.JPG
あとは塗装までこのままです。

軽く置いて確認。こんな感じです。
IMG_5651.JPG
肉眼で見ているのと写真では印象が少し違う気がしますがいい感じです。

タンクが1号機より小さい(低い)ので少し低めにセットしようと考えています。

日も暮れ始めて、至る所(特に顔)がかゆいので今日はここまで。
我慢の限界なので速攻シャワーです。

明日から数日間、雨の予報・・・ついに梅雨らしくなるのかな?

NZ250 その9

今回はフロントバイザーの製作です。

前回製作したものと同じ物を再度作ります。

雌型にFRPを張り付けていくのですが、まずはワックスと剥離剤を塗布しておきます。
IMG_5635.JPG

乾いたらゲルコートを塗り乾いたらFRPを張っていきます。
この間の写真は今回も撮れませんでしたm(__)m
時間が掛かると硬化してしまうんで、手が離せないんです。
IMG_5638.JPG

他のパーツも作ってあとは数日放置です。
IMG_5640.JPG

次はリアカウル
こちらは既製品を加工して使います。
とある車種の純正レース用です。

これにデザインを考えてカットするラインを引て、
IMG_5606.JPG

あとは迷わずカットしていきます。
IMG_5607.JPG

IMG_5608.JPG

仮付けするとこんな感じです。
IMG_5641.JPG

結構ショートですが
IMG_5643.JPG

いいんじゃない!?
IMG_5644.JPG
メッセージを送る